アニメーターになるために身に付けておきたい事

アニメーターとは原画を使って映像を動かし、アニメーションとしての表現をする時に原画の動きをスムーズにさせるように、一つずつ描き起こす仕事をする人のことで、アニメ制作においての専門職です。制作現場には多くのアニメーター達が従事していて、もはや作品制作においては欠かすことができない人材なのです。近年では人手不足や人件費のコストを抑えるためにも、外国の方々も多く参入をしてきていますが、その多くは自身がアニメ好きであることから、憧れてアニメーターを志す人が多いようです。1秒に何枚もの原画を動かしますので、膨大な量を緻密な技術で仕事をしていくことが必要とされています。昔は手作業が中心の業界でしたが、近年ではコンピューターを介して行う作業が多いので、専門的なアニメ制作のコンピューター技術が、広く求められる職種になってきています。

アニメーターの条件はアニメ好きと物作りへの情熱

アニメーション制作の現場では、企画やシナリオ、仕上げ、撮影というように数多くの作業工程に分かれています。その中での作画の部分を担当するのが、主にアニメーターの仕事となっています。キャラクターをはじめとして、様々な画像の動きを1つずつ描いていきますので、どうしても緻密さと根気がいる仕事です。アニメ監督からの指示された動きになるように、プロ意識を高く持ってアニメ制作に臨む努力が必要不可欠なので、この点での向き不向きがアニメーターを目指す方の為の条件としては重要になってきます。アニメが好きという気持ちが強いことが、まずは根気よくお仕事に邁進できる要因にもなってくるのです。さらに1つの作品を多くの人々と携わって作り出す、物作りへの情熱があることも、アニメーターを志す時には大切な条件になります。

アニメーターの先にも努力次第で道は広がる

技術的な必要な条件に関しては、アニメーターを目指す人が通う専門学校や通信教育などで、まずは身につける人が多いでしょう。実際に専門学校などでは、アニメ業界への求人実績も多いですので、一通りの勉強を数年積んでから、その道を目指す方は多いです。特に、作品制作においては現代ではパソコンを使うことになりますので、専用のソフトを扱える必要がどうしてもでてきます。ネット環境は日進月歩なところもありますが、一般的なパソコン能力の水準は必要とされることは多いでしょうし、その上でイラストやデザイン関係の能力があれば、現場においても実践力となりアニメーターになる道が近づくことでしょう。またアニメーターとして動画担当をした後には、原画担当や作画監督などの経験を積んで、さらにステップアップする道も開けていきます。

2017年5月20日(土)と5月27日に「WORKING!!」「ソードアート・オンライン(SAO)」「ガリレイドンナ」等の総作画監督・キャラクターデザイン、「ロックマンエグゼBEAST+」「今日の5の2」OP、「フラクタル」の絵コンテを担当した足立慎吾を招き、キャラクターデザイン・アニメーター志望の人のためのセミナーを開催しました。 アニメーター志望必見!!アニメづくりを学ぶならanisemi