アニメーターになるための条件と仕事の魅力について

アニメーターになるには、忍耐力とデッサン力が必要です。アニメーターとは専門職の分野に分類されるので、画力などの技術を身につける必要があり、また下積みの期間は給料も安く労働時間も長いためそれに耐えられるだけの体力や忍耐力が必要と言えます。本当に絵が好きで毎日書き続けることができない限り、非常につらい労働環境と言えるでしょう。反対に絵を描くことやアニメを作るという仕事に魅力を感じているのであれば、やりがいも大きいと言えます。これからアニメーターを目指す人は、様々な進路がありますがどれを選ぶにしても大きな努力が必要です。この記事ではアニメーターを目指す人の進路や仕事の魅力などについて紹介していきます。これからアニメーターを目指す人の進路や目標などの参考になれば幸いです。

アニメーターを目指す人の進路について

画力については、インターネットや書籍などで様々な情報が得られるので独学でも学べるという人は存在するでしょう。その他のアニメーターとしての知識を得たい場合は専門学校やアニメーション科などが設置してある大学に進学するという方法もあります。進学のためには高校を卒業するか、高卒認定試験に合格する必要がある学校が多いので学校を選ぶときは確認してみてください。このようなアニメーターを目指せる学校はたくさんあるので、通いやすさや学校の雰囲気など学校見学やパンフレットなどの資料請求を活用して情報を集めることが大切です。学校に通うとなると決して安い出費にはならないので、自分にあった環境で学べるように慎重に選ぶようにしましょう。雰囲気などを知るためにも、一度見学に行くことをおすすめします。

アニメーターに必要なデッサン力を上げるには

現在では、デッサンの練習方法がたくさんあります。自分にあったものを選ぶには、一つ一つ試していくしかありません。ここではアニメーターに必要なデッサン力を上げるための方法を紹介していきます。まずはインターネットのサイトの情報を活用する方法です。色々な方がデッサンのやり方をアップロードしてくれているので、色々な方法を試すことが可能です。続いては、書籍を活用する方法です。こちらもたくさんの本があるので、口コミを参考にしたり本屋さんなどでどんな内容か確認したりしてみて、購入すると良いでしょう。また、ゲームソフトの中にもデッサン力を上げるためのものが発売されています。何事も楽しくなければ続かないでしょう。こういったゲーム感覚で練習が楽しくなるのであれば、こういう方法を取り入れてみることもおすすめです。