アニメーターを目指すためのスクールをご紹介します

アニメーターを目指す為に、必要な資格などは一切ありません。求められるのは画力なのです。最近では小さい頃から絵を描くのが好きで、デッサンなどを繰り返しているうちに、絵が上手になったなどという話もよく耳にしますし、最近の子供達は早くからパソコンなどに触れる機会が多い為、アナログで絵を描くよりもデジタルで絵を描く事に慣れています。絵というのはある程度、独学で向上させる事は可能ですが、アニメーターとして活動していくためには、やはり、ある程度の基礎知識と専門的な知識を学ぶ必要があります。画力は確かに必要ですが、アニメーターとは見せる仕事なので、それなりに専門的な知識が必要なのです。アニメーターを目指しているのであれば、専門的な知識を学べる専門学校やアニメーター学科のある大学で学んだ後、制作会社やスタジオに就職し、アニメーターへとなる人が大半です。

アニメーターを目指す為の必要な条件とは何か

アニメーターを目指すための必要な条件は、画力です。まずはある程度の画力が必要となってきます。あとは、忍耐力です。一度、新しいアニメの制作のメンバーとして携わる事になると、1日に何千枚、何万枚のセル画を描き続ける事になります。残業や徹夜ということもあるでしょう。ずっと座ったままで同じようなセル画を描き続けるという事は、かなりの忍耐力が必要になってきます。あとは、それを描き続ける集中力の高さも必要になります。長時間労働というのは、考えているよりもかなり体力を必要とします。精神力も必要でしょう。アニメーターというのは、普通の会社員として勤務するのとアニメーターとして働くのは、少し違います。本当にアニメが好きで、絵が描く事が好きで、長時間、同じ作業をする事ができる人が、最も必要な条件かと考えます。

アニメーターを目指すためのスクールをご紹介します

日本のアニメというのは、世界的にもとても人気が高く、認知度もかなり高いです。そして、今の子供たちのあこがれの職業として人気が高いのは、声優だったりしますが、アニメーターの仕事もかなり人気が高いです。アニメの作品に携わりたいと思う人が、それだけ増えた証拠でしょう。アニメーターの仕事というのは、アニメを支える絵に直接携わるわけですから、魅力的な絵を描ける画力がかなり重要視されます。そんな魅力的な絵を描けるように学ぶのが、スクールだと思います。スクールで学ぶ事というのは、アニメーターとして働き始めた時に、依頼主のイメージするものをいかに上手具現化し、いかに柔軟的に対応できるかという知識も必要になってくる為、アニメという動くキャラクターに対しての知識を学びます。大体、アニメを専門に学びたいのであれば専門学校に行くのがいいのかとは思いますが、カリキュラムとしては2年ぐらいが多く思います。